あさってを向いて生きる~現代の修験者、鎌田東二(2011年6月制作)

NPO東京自由大学や『天空教室』(円覚寺龍隠庵)でもお世話になっている宗教学者 鎌田東二さんの修験道のDVD「あさってを向いて生きる~現代の修験者、鎌田東二」(2011年6月制作)が YouTubeにアップロードされました。

京都大学博士課程の大学院生であったグエン・ホン・ハウさんたちが、東日本大震災後の大学の授業の中で作られたものだそうです。

全身緑の服を来ている鎌田先生と美しい比叡山の風景をお楽しみください。
最後の最後にズッこけるところが何とも先生らしいです☺️

 

 

 

 

 

 

4月クラススケジュール

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、「大人のためのヨガクラス」では十分なスペースの確保(少人数制)と換気を行いながら、信頼のおける関係性のもとでヨガクラスを行っています。今月は4月12日のみの開催予定ですが、状況により中止となる場合もございます。
先ずご自身の体調を最優先して戴き、無理のないご参加をお願い致します。(ご参加の場合は事前の手洗いうがいを励行して戴きます。発熱、咳などの症状がある場合は参加のご遠慮をお願います。)

DSC_0801.JPG

大人のためのヨガクラス(新代田)

4月12日(日)⇒施設使用停止(3/31)のため中止となります。
9:45~10:15 はじめての瞑想
10:30~11:50 クリパルヨガ(シェアタイムあり)
呼吸法を丁寧に行い、からだの気づきを深めます。(運動量:ジェントル)

瞑想 500円/ ヨガ 2000円(初回1500円、継続して受講3回目まで割引あり)/椅子ヨガ 1500円/ ヨガのみ参加OK / 完全予約制(お申込み戴いた方に詳しい場所をお知らせします。)

どんな状況下でも、新しい季節はめぐってきます。
一日一日内側も外側も日々刻々と変化していきます。

今ここにある呼吸やからだに戻ること
日々の暮らしを丁寧に味わうことで
生きていることがより豊かな体験になります。

4月のテーマは、

今に存在する✨

ご参加をお待ちしています。

・新代田クラスでは、「はじめての瞑想」と「クリパルヨガ」または「リストラティブヨガ」(日曜祭日不定期)、やさしい椅子ヨガ(水曜夜不定期)、ワークショップ等を行います。

・その他個人レッスンもお気軽にご相談ください。

311詩と祈りの会(ほびっと村瞑想会)

深く心を傾けたほびっと村瞑想会「311詩と祈りの会」が昨日終り、大きなエネルギーが流れた後の淋しさがひたひたと心に沁みてくる。あれから9年なのだと改めて思う。
9年前のあの日、あの時、私がいた場所。そこから今に向かって迷いながらも真っ直ぐに、この道を歩んできたのだと思う。

311のことを大切に思っている方々が20名近く集まってくださり、とても和やかな奥行のある会になった。5名のスタッフと参加者の方も合わせた9名が持ち寄った詩を読み、体をほぐし、311のシェアリングと祈りのワークと瞑想、そして歌を歌った。司会は島田啓介さん。

私が読ませてもらった詩は志樹逸馬さんの「種子」「曲がった手で」「涙」「わたしはこんな詩が書きたい」13歳でハンセン氏病に罹患して、何も知らされずに療養所に一人残され、病と向き合いいのちと向き合い詩を書き続けた詩人です。
他にも山尾三省、長屋のり子、ティクナットハン、水城ゆうさん、自作の詩が選ばれ、祈りの歌と石井みやこさんのシンギンボールの響きが「ほびっと村」をかけめぐった。

体ほぐしの二人ヨガは、クリパルヨガのワークショップではよく使われる手法で、お互いのからだにふれながら、場を暖める(リラックスして笑いをとる、いや和やかにする)役目をする。この時期大丈夫かなと心配したが、とても楽しんでもらえたようで嬉しかった。

そして、311のシェアリングの後は、祈りのワークとして私が「手のひらの瞑想」を。鳥飼美和子さんが合掌の気功をしてくださった。
祈りには、手のひらが欠かせない。
手は個体発生の細胞分裂のとき、心臓からまず生えてくるのだと聞いたことがある。
ハートにつながる手のひらの旅をリードさせてもらった。
この手で触れたいもの、そして受けとりたいもの、次の世代に手渡したいものに思いを向けて…。
最後は土屋美穂さんのウクレレで『見上げてごらん、夜の星を』をみんなで歌った☺️

わたしたちの311から見えてきたもの。感じられたこと。終わった後、声をかけて下さった方の言葉も嬉しかった。シェアリングで共有する思い、すれ違う心…何が起きていても、今の自分が見えてくる。これで良かったのだと思えた。

こんな時期だからこそ、豊かな安全な場をつくり、内省を深めることの大切さを思う。
ご参加くださった皆さま、お一人お一人に感謝と敬意をこめて✨

3月クラススケジュール

DSC_0713.JPG

大人のためのヨガクラス(新代田)

3月1日(日)
13:15~13:45 はじめての瞑想
14:00~15:20 クリパルヨガヨガ(シェアタイムあり)
呼吸法を丁寧に行い、からだの気づきを深めます。(運動量:ジェントル)

3月15日(日)
9:45~10:15 はじめての瞑想
10:30~11:50 クリパルヨガ(シェアタイムあり)
呼吸法を丁寧に行い、からだの気づきを深めます。(運動量:ジェントル)

3月20日(金祝)
9:45~10:15 はじめての瞑想
10:30~11:50 やさしい椅子ヨガ(シェアタイムあり/マット不要)
やさしい椅子ヨガで、心も体もリラックスします。(運動量:ジェントル/立ちポーズあり)

3月22日(日)⇒都合により休講になります。
13:15~13:45 はじめての瞑想
14:00~15:30 リストラティブヨガ(シェアタイムあり)
リストラティブとは回復を意味します。体の深部を弛めてリラックスします。(運動量:ジェントル)

瞑想 500円/ ヨガ 2000円(初回1500円、継続して受講3回目まで割引あり)/椅子ヨガ 1500円/ ヨガのみ参加OK / 完全予約制

草木が芽吹く春のエネルギーは、ふわふわと落ち着かない感じがします。
出会いと別れの季節でもある春は、
もう必要ないものとそうでないものを見分ける落ち着きが必要ですね。

3月のテーマは、

呼吸とからだを感じる✨

ご参加をお待ちしています。

・新代田クラスでは、「はじめての瞑想」と「クリパルヨガ」または「リストラティブヨガ」(日曜祭日不定期)、やさしい椅子ヨガ(水曜夜不定期)、ワークショップ等を行います。

・その他個人レッスンもお気軽にご相談ください。

新型コロナウィルスに関して

DSC_0716.JPG

皆さま

今日は冷たい風のせいか、透きとおった空の青さが春を感じさせてくれる一日でした。
新型コロナウィルス感染の不安な情報が駆けめぐる中、いかがお過ごしでしょうか。

まずは落ち着いて自分自身の心身のケアをすることをお勧めします。
何が今必要なことで、そうでないことは何なのか。
日常をどんな風に生きていたいか、どんな関わりを持ちたいか、改めて自分らしく生きる選択をする機会をもらったような気がします。
もし疲れていたらよく体を休め、(新鮮な野菜や発酵食やビタミンやミネラルなどを含んだ)質の良い食事をとり、家族と暖かい時間を過ごし、日々のストレスを溜めないことがことが大切ですね。

「大人のためのヨガクラス」は、新代田駅近の公共施設で私の家の近くにあり、満員電車などを使わずに無理をせず開催しています。
体調のすぐれない方や不安がある方は、まずご自身のケアを最優先していただき、ご配慮のうえご参加くださるようお願いいたします。人数制限が必要なクラスではありませんので、今後の経過も見ながら、可能な限りその都度対応いたします。
3月のスケジュール、遅れましたがアップしています。どうぞよろしくお願いいたします。

マインドフルネス仲間が紹介してくれた「新型コロナウィルス対策ハンドブック」(東北医科薬科大学作成)のサイトです。よければ、参考になさってください。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/26/news126.html

一日も早く、平安が訪れることを祈ります。

ローゼンメソッド・ワークショップ

数年前から何となく気になっていた、ローゼンメソッド(@ほびっと村)のWSに初参加することが出来ました。


講師は、すぎずるあきこさん。日本では本当に数少ない認定プラクティショナーのお一人なんだそうです。
やさしいタッチでからだに触れてからだの声を聴く…というもの。
実際にからだに触れてもらい、からだと対話するようにセッションのデモを受けました。体の体験は比較的多い方だと思うので、いつもは他の人に体験を譲るのですが、今回は率先して(ジャンケンにも勝ち抜いて)受けることが出来ました。


私の体の言いたいこと…そうね。そうだよね。それを認めて、許してあげていいんだよね…と思ったら、深い場所から涙が流れ落ちました。
対話する度に、呼吸が深まり、体が和らいで広がって、終わった時は安心して落ち着いて、そのままそこにいることが出来ました。

ペアワークで人のからだに丁寧に触れる体験もさせてもらえて、お互いの体験が響き合っているのを感じました。
からだって、すごいなぁ…。

貴重な体験をありがとうございました。ほんとに今、私に必要なメッセージでした。

二十四節気の集い~春の導引術と俳句

二十四節気の集い・春~春の導引術と俳句、からだとこころで春の胎まりを味わいつくす~
に参加しました。

ほびっと村(←以前は「茶エンデ」で参加) の「ほのぼの気功」で気功家の鳥飼美和子さんから、かれこれもう9年程 峨眉派気功を学んでいます。

ヨガクラスの後で向かった亀戸カメリアホールでは沢山の先生方の表演が始まっていました。漢字は難しくて書けませんが(笑)、お馴染みの二十四節気気功です。

皆で体験した後は、小グループに別れて丁寧なご指導を受けて、静けさの中で体が春めいて暖かくなりました。

美味しいお菓子と中国茶を戴いた後は、小山正見先生の俳句指導。お話がすごく楽しくわかりやすくて、私も俳句を作ってみました😅


立春の ほのかに眠い 気功かな

立春の 思い溢るる 気功かな

指折りて 力の満ちる 春兆す

そびえ立つ スカイツリーの 春の宵

ひなまつり 祖母の色紙は 今どこに

最後の作品は、俳句相撲大会で一度は落選したけど、なかなかよい作品として取り上げてもらい、嬉しかったです。何より祖母が私の結婚祝いにプレゼントしてくれた雛人形と色紙のことを思い出せてよかった。
ちなみに優勝者はマインドフルネス瞑想指導者の島田啓介さん!さすがです🎉
皆さんそれぞれの俳句、味わい深くてとても素敵でしたね。
江東区亀戸は私にとってたくさんの思い溢れる特別な街ですし…。

からだと言葉で季節を感じる豊かな時間をありがとうございました!

 

「呼吸法とクリパルヨガWSーからだの声に耳を澄ませる」

「呼吸法とクリパルヨガWS~からだの声に耳を澄ませる」(@まいんどふる・きっちん)終了しました!平日夜の開催にも関わらず、ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。

初めての場で夜の短い時間帯で何を選択するか、ドキドキの連続でした。
質問や感想も参加者の皆さんが正直な自分の今を語ってくださり、ペアワークも楽しめた和やかなWSでした。
「呼吸法とクリパルヨガWS」なんだけど、今の自分の呼吸やからだを素直に感じる時間になっていたら、本当にうれしいです💕

呼吸法のWSは、新代田の「大人のためのヨガクラス」で(細々と)数年続けてきたものです。今回はなかなか集客が難しくて、当日までお声かけさせて戴き、なぜ今このWSに向き合っているのか..自問自答する日々でした。

今回は瞑想的な視点も加えたくて、ブッダのアーナパーナ・サティー(出入息念経)に因んだ「呼吸のうた」からはじめました。
プラムヴィレッジスタイルの瞑想会でよく歌われる素敵な歌です。

呼吸法(プラーナヤーマ)は、呼吸を調整しながらプラーナ(生命エネルギー)を流す働きをしてくれます。
自由に呼吸を流すことで、健康や幸福や本来の自分へ戻るチャンスをもらえます。
ギリシャの自然科学や旧約聖書の概念では、気息、息、風のことをプネウマ(命の息)と言って生物の命と自然界の万物や宇宙とのつながりを表す言葉として表されているのですが、東洋の気の概念とも精通しているようです。
「つながる」「結ぶ」というヨガの原点を改めて感じたWSでした。

スワミ・クリパルの教え

クリパルヨガに出会えたことは人生の宝物だと思うのです。と同時に、どうしたらより自分らしくこのヨガを実践する(=人生を生きる)ことが出来るんだろうと日々模索して…すっかり道に迷っていました。

先日、久しぶりのプロフェッショナルサポート研修で、三浦敏郎さんから改めて創始者スワミ・クリパルの教えを学びました。
「あ、それ知ってる!」ずっと実践してきたことだから..。
だけど、今あらためて胸の奥にずーんと響いてくるこの感覚。実践を続けてきたからこそ、見える景色が変わっている。

・困難がなければ、自分の内面の強さに気づくことはない
・自己観察は私たちを真実に近づけ、目覚めていれば、目撃者はいつもそこにいる
・愛のみが、すべての生きとし生けるものに融和をもたらし、分離を取り除いてくれる
・世界はひとつの家族
                 (トシさんが訳してくださったものから一部抜粋)

自分を癒すことで、いっぱいいっぱいだった日々を振り返りながら、もう一度ここから今いる場所から歩めばいいと思えました。

かけがえのない大切な仲間と
変わらず見守ってくれる師の存在と
ここに導いてくれたすべてのご縁に
こころから感謝と敬意をこめて✨
jai Baguwan!

ヨガ保険【ヨガ安全指導員制度】

DSC_0651.JPG

ヨガ安全指導員の保険更新のための講座を受講しました。

昨年はいつも通っているクリパル・ジャパンのスタジオで、師である三浦敏郎さんから講座を受けました。生徒の体験と自主性を尊重するクリパルヨガのエッセンスは、安全性を追求する場面でも重視されていて、とても貴重な学びでした。

今回の講師は久保玲子さん。
女性ならではの視点が活かされいて、ご自身が体験された怪我や不調などもすごく参考になりました。ペアワークで気づいたのですが、(加齢のせいなのか)私の股関節は外旋しずらく…道理で最近膝を痛めているのも関係あるのかもしれません。
緑内障や高血圧など、高齢者に関わるいくつかの症状の禁忌や注意事項も身近に感じました。

ヨガや瞑想を学ぶ人、指導する人がますます必要とされる時代になっていることを最近いろんな場面で感じます。だからこそ、安全性や信頼できる指導と知識が求められると思います。

 

DSCPDC_0001_BURST20200125185651051_COVER.JPG

個人的にうれしかったのは、先日の東京自由大学講座や昨年の『天空教室』でゲスト出演された女優の鶴田真由さんが、数年前に南インドで撮影されたラマナ・マハリシ(写真)の写真パネルがUTL(アンダーザライトヨガスタジオ)の会場に飾ってあったこと。
つながるご縁が何だかうれしく記念にパチリ。